Press "Enter" to skip to content

あれ?わきがかもしれない!気づいたらまずセルフチェックをしてみよう

服のわき部分を確認してみよう

わきがの場合にはアポクリン腺から多くの汗がでます。また、出される汗は黄色い色をしているため色の薄い服の脇には黄色の汗じみができます。汗じみが付いている服を再度切着る事は避けてクリーニングに出すか、セルフで染み抜きをする事が大切です。また、わきの部分が黄色くなってりる場合には細菌の増殖を抑える為に汗脇パッドを付けるようすると臭いの原因を抑える事ができます。汗脇パッドを使用しにくい場合には、わきに直接付けるタイプもあるのでばれにくいですよ。

肉食系の食事が多くないか思い返してみよう

肉食系の率が多い事によってわきが体質が強まる事があります。元々のアポクリン腺の数は身体の成長と共に増える事がないため、肉食ばかり食べていてもわきがにはならないので誤解をしないように注意が必要です。アポクリン腺の数が多くてもそこまで気にならなかった場合に、食事の変化や長年の偏った食事環境によって体質が強まり臭いが強まるという事です。まずは、自分の食事内容を思い返して肉食系や油分の多い食事が多ければ見直す事でわきの臭いが落ち着きます。

耳垢がしめっているか確認してみよう

セルフチェックの中でも特に信頼度が高い方法です。耳の中はエクリン腺がなくアポクリン腺があります。耳垢が湿っている状態とは、アポクリン腺が活発に汗を出している証拠となります。また、耳の中のアポクリン腺が活発に働ている場合には、わきにもアポクリン腺が人よりも多く存在する確率が高くなります。臭いがきついな感じた時には、自分の耳垢が湿っていないか直ぐ確認をしてみるといいでしょう。ただし、耳垢が湿っていなくてもわきがの可能性もあるという点は注意が必要です。

わきがは脇の下から通常のエクリン腺からの汗の臭いとは異なる臭い。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗の臭いです。