Press "Enter" to skip to content

老け顔の原因に!ほうれい線を決して若返る3つの方法

マッサージが効果的!

肌が老化すると頬がたるんだ状態になり、ほうれい線がより目立つようになってきます。この頬のたるみによって出来てしまったほうれい線を改善するためには、マッサージを行う事が最も効果的です。その方法としてリフトマッサージの方法があります。やり方としては、まずマッサージを始める前に、肩や首をまわしてリンパの流れをよくします。そして耳の後ろにあるくぼみを親指で軽く押しながら、手全体を使ってゆっくりと頭を上に引き上げていきます。これを2~3回繰り返し行います。そしてほうれい線に中指と薬指を置いて、こまかみに向かい斜め上の方へ指を滑らせていきます。次にこめかみから顎に向かい、中指と薬指を顔の輪郭に沿いながら下へ指を滑らせていきます。これを4~5回繰り返し行います。

エクササイズで表情筋を鍛えよう!

顔には表情筋と深層筋の2つの筋肉があります。表情筋は表情を作るための筋肉であり、深層筋はその表情筋を支えるための筋肉となります。つまりほうれい線を目立たなくするためには、表情筋を支えている深層筋を鍛える必要があるのです。もちろん表情筋を鍛える事で、硬くなった筋肉がほぐれて肌にハリや弾力が戻るのですが、それに加えて深層筋も鍛える事がとても重要なポイントになります。深層筋をしっかりと鍛えて、肌が衰えていくのを内側から防ぐようにしましょう。

美肌のためのツボでほうれい線対策!

ストレスや紫外線や不規則な生活習慣は、肌にとって良くありません。それらの事が原因となり、肌が乾燥したり血の巡りが悪くなったり、新陳代謝が低下したりします。そのような状態が続くと、肌の老化が進んでしまい、肌にハリや弾力ななくなってしまいほうれい線が目立つ原因となります。そんな時には、美肌に良いと言われているツボを押す事で血流が良くなり、新陳代謝を上げる事が出来ます。美肌に効果的なツボに下関というのがあり、耳の付け根から頬骨に沿って指3本分ぐらいの所にある骨のくぼみの部分にあります。指の腹でツボを押して、皮膚を少し上に押し上げるように優しく押すようにしましょう。顔全体のたるみやむくみなどが改善されます。

人間は年齢を重ねるに連れてしわという悩みが出てきます。その悩みを解決する為に現在では美容整形という手段がオススメです。