Press "Enter" to skip to content

かゆみや乾燥の原因に!気を付けたい脱毛前の飲酒

脱毛前の飲酒は避けるべき

脱毛の前にしてはいけないこととして、日焼けや予防接種が挙げられますよね。その他にも飲酒があります。なぜいけないかというと、脱毛の施術前に飲酒をしてしまうとアルコールで血行が良くなり、身体が火照ってしまうからです。光脱毛やレーザー脱毛は照射の際に強い熱があり、照射部位は熱がこもります。その際に飲酒をしていると、いつも以上に体が熱くなってしまい、かゆみや乾燥が激しくなってしまう恐れがあるのです。そのため脱毛前の飲酒は避けるようにしましょう。

脱毛前日は禁酒すれば安心

脱毛前の飲酒は避けるべきですが、いつから飲酒を控えればいいのでしょうか。アルコールの分解速度には個人差があるため、いつからとハッキリ決まっていません。6時間程度でアルコールが分解してしまう人もいれば、12時間経ってもアルコールの影響が抜けない人もいます。心配であれば、脱毛の前日に飲酒を控えるようにするといいです。毎日飲酒している人にとってはつらいかもしれませんが、脱毛を行うのは1~2カ月に1回のペースですので、その時だけは禁酒しましょう。

脱毛後の飲酒にも気をつけて

脱毛前の飲酒は避けた方がいいですが、脱毛後の飲酒はどうでしょうか。上述したように脱毛の施術後は体が火照った状態になっています。その状態でアルコールを摂取すると体温が上がってしまうため、激しいかゆみが起こることも。そのため脱毛後も当日は飲酒を控えた方が良いでしょう。また、施術後に赤みやかゆみがまったく出ていない場合には、数時間ほど間隔が空けば飲酒しても大丈夫なこともあります。どうしてもお酒を飲みたい場合は、自分の体調や肌の状態をよく確認してからにしましょう。

医療脱毛を千葉で受けるには、信頼度の高い美容外科の新しい治療法の良しあしを見定めることが望ましいといえます。