Press "Enter" to skip to content

こんなに方法があったの?オススメの脱毛方法

手軽に行えるフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は光脱毛とも呼ばれている方式で、サロンなどにある専用器具にて光を照射することで行います。施術中は、ゴムでパチンと弾かれたような感覚です。しかし、それほど痛くはなく、施術中に寝てしまう人もいるくらいですよ。この方式には、SSC方式とIPL方式の2種類があります。SSC方式は、痛みが少ないのが特徴で、IPL方式よりも料金が少し高額です。IPL方式はほとんど痛くなく、皮膚の黒いメラニンにのみ光を反応させます。

永久脱毛ならレーザー脱毛

皮膚のメラニン色素のみに反応するレーザーを照射することで、毛根に熱を発生させて毛根を死滅させる方式の脱毛方法です。1回あたりの施術時間は1時間から3時間くらいです。1ヶ月から2ヶ月ごとにレーザーの照射を行い、3回目から4回目くらいから効果を感じ始めると言われています。太い毛の人でも施術ができるのが特徴です。あまり痛みが強いわけではありませんが、医療機関での施術となるため、希望をすれば麻酔をして施術をしてもらうことも可能です。

細い毛や数本の毛を処理するのに適したニードル脱毛

ニードル脱毛は、別名電気脱毛とも呼ばれている方法です。毛穴にニードルと呼ばれる専用のハリを一つずつ刺して、毛根い直接電気を流すことで、毛根を死滅させる方法です。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行った後で、生えてきた細い毛や数本の毛を処理したい人に適した施術方法です。一本一本、毛を処理して行きますので、施術時間がかかりますが、処理が早い医療関係者であれば、1時間に直径10センチメートルほどの広さの処理を行えます。

医療脱毛とは、皮膚科などの医療機関で医療レーザーを使用して行われる脱毛のことです。照射出力の高いレーザーで毛根を破壊するので、効果的な脱毛が期待できます。