Press "Enter" to skip to content

血液クレンジングの特徴と効能について解説

血液クレンジングの概要について

血液クレンジングとは、別名オゾン療法とも言われています。その概要としてはまず、体内から血液を一定量抜きます。そして、その抜いた血液にオゾンを注入した後、またその血液を体内に戻します。血液クレンジングを受けた血液は酸素がいっぱいのため、人体に良い様々な効果が期待できます。日本ではまだ知名度の低い治療法ですが、海外ではかなりポピュラーなものとなっています。ただ、治療といっても健康保険の適用はないので、自由診療となります。

血液クレンジングで期待できる効能について

血液クレンジングの結果、期待できる効能には様々なものがあります。よく言われるものとしては、疲労回復、活性酸素の除去、肩こりやリュウマチの痛みの緩和、アトピなどの皮膚病の緩和、血行や血流などの改善、アンチエイジング効果や更年期障害の緩和などがあります。さらに、もっと重い病気の治療を目的に血液クレンジングを受けている方も多数おられます。治療を受けた後の感想として特によく聞かれるのは、体が軽くなって、とても元気になったという点です。

血液クレンジング治療の流れ

では、実際の血液クレンジングの治療はどういう流れで行われていくのかといえば、次のようになります。まず、腕から血液を100mlから150ml程度採取します。そして、この採取した血液にオゾンを注入します。すると、黒ずんでいた血液の色が鮮やかな赤色に変化します。そして、この血液を点滴によって再び体内に戻せば治療は終了です。ただこれだけのことで、様々な効果が期待できます。入院などは不要で、一回の治療が比較的短時間で終了するのも、血液クレンジングの魅力の一つとなっています。

血液クレンジングの利点として、美容法の一環として積極的に取り入れることが出来、効果が早く現れることが特徴です。